ThemifyBuilderで作れる美しいLP

前回、Themifyの有料テーマについて少しご紹介しました。

引き続き、有料テーマを使いこなすために必要なエディターについて

新たに気づいた事があったので共有したいと思います。

Themify のホームページを見たら分かるように、豪華なデザインが

テンプレートとして用意されています。

それらはThemifyBuilderを使うことで作れるので、

それを知らないと損をしてしまう!という事なんです。

Lucky Bird
$89でテーマ39種類使えて、エディタのプラグインも無料で使えるなんて・・超ラッキー!

[toc]

Themify Builderとは

WordPressで使えるThemify オリジナルの

コンテンツを作るためのテキストエディタ(プラグイン)です。

今まではブログを書くだけだったので、Elementorばかり

使ってきましたが、LPを作る際には、

このThemify Builderが必須になります。※動画参照ください ↓

*英語が苦手な方はごめんなさい >< . . 

https://www.youtube.com/watch?v=FFM6dop3I08&feature=youtu.be 2018/12/05  

参考動画

(英語で分かりづらいですが、操作方法については視覚で見ることができるので何かと嬉しい!)

https://www.youtube.com/watch?v=BggAG1PZDRA

2014-12-11

https://youtu.be/Vm3gDSxsN-g 2014/07/04

このBuilderを使って、練習に自前のLPを作ってみましたので、

手順と共にどうやって作るのかをお伝え出来ればと思います。

ランディングページの需要は高い

LP : ランディングページと呼ばれるセールスページの様な

レイアウトのものを作る際、Colorful やら賢威やらDangan Builder … 競争率が激しく、迷う方も多いと思います(以前の記事で紹介

しかしデザインで目を引きたいWebデザイナーにとって、その選択は少し邪道で

アーティスティックさに欠けてしまうと思うのです。

日本(東京)では、LP制作が出来れば一人前のWebデザイナー

という一般常識がある様で、プロとして活躍できるまでになるのには

LP制作が登竜門となるらしく、大切な制作物なのです。

(都内のあるWebデザイナースクールでは、そうでした)

なので、今日WordPressで作る場合、Themify Builder を使うと

簡単に出来ると判明して、感動しています。

簡単と言っても、コンセプトが決まっていたり、

企画が明確になっていることが前提になりますが・・・。

 

制作準備

有料テーマを購入すると、Themify BuilderとBuilder Proいう

エディタのためのプラグインがついていて、それによって、

ドロップ&ドラッグで(コーディング不要)で、作れるのです。

なので、有料テーマについている

Themify BuliderとBuilder Proをインストールします。

出来れば事前にモックアップを作ります。 

データはモックアップのデータは有料テーマについています。   (モックアップ作成ソフトは別売されているぐらいの 価値がありますから、このデータは大変嬉しいです。)   それらをこれから作るLPに配置する画像やテキストを ひとつづつ書き換えていきます。  

それが出来れば、イメージが目に見える形になり、

頭も結構スッキリするので、PSDデータまで使わずとも

簡単に作ってから作業することを強くお勧めします

手順

1. テーマを選ぶ

2. レイアウトを選ぶ 

3. 画像とテキストを書き換える

テーマ選び
builder-themify
how it design
前 次
1. LPを作りやすそうなテーマを選ぶ

Landing, Flat, Fullpane などがオススメ

2. レイアウトを選ぶ 

画面のアイコンが小さくて、気づきにくいのですが

真ん中にあるレイアウトボタンをマウスオーバーすると

沢山のレイアウトが表示されるので

自分の作りたいサイトに合うイメージのものを選びます。

3. 画像とテキストを書き換える

あとは、それぞれテキストや画像、動画などをレイアウトに沿って

配置すれば、カッコいいサイトが出来ます!

レイアウトが沢山ありすぎるので悩むところですが、

下書きを作ってそれに一番近いものを選ぶとスムーズに作れるかと思います。

 

モックアップサンプル

下図は、有料版についていたPSDデータをPhotoshopで編集したものです。

LPのサンプルは日本にも沢山あり、海外のサンプルで間に合うかというと

ちょっと苦しいかもしれません…

 

 

まとめ

*Themifyのテーマとビルダーを使いこなせたら、一流のWebデザイナーになれる!

*Themify Builder × レイアウトをドラッグ&ドロップするのでコーディングが不要。

*モックアップのレイアウトがあるので、Photoshopが得意なデザイナーには有利!

 

無料のメルマガサービスはじめました
Liked Liked
1 Comment