AWS Lightsailで作れるWebsite

[toc]

LightsailでWordpress

以前にもご紹介しましたAWS Lightsailを再び使ってみました。

以前は、使う目的が違ったので、今回改めてじっくりと作った結果、すごく便利だということに気が付きましたので、どういう点が便利なのか、どうやって使うのかについてご紹介させて頂きたいと思います。

Lightsailで使えるオペレーションシステム

WordPressの他に、NginxやJoomla、Drupalなどたくさんあります。

どれを使っても一サイトにつき、月額$3.5(日本円で約390円)の様です。

今回、WordPressとNiginxをお試しで作成して、開設してみました。

Nginxは難しい・・・

Niginxは、7時間ほど格闘した結果、使い方が一向に分からずやむなく削除しました。。

AWS LightsailでWordPressオペレーティングシステム仮想空間を作る

見出しはちょっと複雑になってしまいましたが、WordPressの方はとっても簡単でした。

ほんの10分で設置できました!

慣れないと難しく感じることもありそうだと思ったのは、まず名前。

「インスタンス」ってなに??って思う方も多いかと思います。

仮想スペースと思っていただければ大丈夫です。

バーチャルボックスがAWSの中にあるイメージです。

1ヶ月無料で使えるのですから、試さない手はありませんね!!

ドメインの移管はRoute53

早速、ドメインの登録を試してみたくて、トレーニングを終えた後、

ドメインを登録(移管)してみました。

今回は、年額の使用料、¥2,200がかかりました。

AWSサミットが熱い

ちなみにAWSサミットにも参加してきました。

2021年5月 AWSサミット
Liked Liked
No Comments