GoDaddyでWordPressを一元管理しよう

続きが遅くなってしまいました。。すみません。

Yukikoです。台風もそれてくれてホッとしている今日この頃です!

GoDaddy (Pro Site)の使い方について、だいぶ分かって来ましたので

シェアします!! ♪  前回のブログを読む

[toc]

Go Daddy Pro Siteでアカウントを作る

まずAmzaon Web ServiceからLightsailをクリックします。

すると右側にオススメタブとして、GoDaddyへのリンクが表示されますので、クリックします。

新規アカウントを作り、メール認証・パスワードを登録します。

 

自分のWordPressサイトを登録する

アカウントが登録できたら、早速ログインして持っているサイトを登録しましょう。

一番左上にあるプラスボタンをクリックすると、URLの入力をする様に言われるので、どんどん登録していきます。

 

 

私は8サイトあるので、全部登録試してみました!

もし登録がうまくいかない場合、 Worker というプラグインをインストールすると、きちんと登録ができます。

登録に失敗する場合

パスワードが認証されなかったり、エラーになる時があります。

その場合は、画面にも表示されるかと思いますが、Worker/ManageWP をインストールしなければなりません。

プラグイン新規追加画面で、Worker or ManageWPで検索し、インストールします。

インストールが無事完了したら、有効にすると上記の様に表示されます。 

左下にある Connection Management をクリックすると「Connection Key 」が表示されます。

これをコピーして、GoDaddyの方にペーストします。

接続を確立しています… という表示が出るので待ちます。

 

 

 

 

 

 

登録ができたかどうか確認する

管理したいWordPressサイトがすべて登録できたら、確認してみましょう。

左の一覧のサイトボタンをクリックして、表示されるかどうか確認します。

表示されたらインストールができています!

 

プラグインの一括アップデート

確認できたら、早速アップデートを試してみましょう。

左のタブの様なボタン一覧にある概要ボタンをクリックすると、アップデートが必要なプラグインの一覧が表示されます。

こちら、アップデートが必要なプラグインの数とバージョン、何にバージョンアップするのかまで詳細に表示されます。

パスワードをいちいち入力せずに、まとめてプラグインのアップデートができるのでとっても楽です!!

他にもバックアップを取ったり、クライアントのサイトを管理できたり出来ます。

有料にはなってきますが、、とっても安いので検討して使うべきだと思いました!

 

他にもある便利な有料機能

 

 

まとめ

WordPressのプラグインのアップデートで無駄に時間を取られていませんか?

GoDaddyを使うと複数のWordPressサイトのプラグインを一瞬でアップデートできます

ひとつひとつログインする時間が省けて、管理が楽になるので、精神的にも楽になります!

アクセス解析やバックアップもお手頃価格で管理出来ます。

 

Liked Liked
No Comments