BASEとWoo Commerceプラグインの違い

 前回に続いてオンラインショップの運営に関するハウツーをメリットとデメリットを述べながら紹介していきます。

 

手作り製品の販売はどこが良い?

まず、最初に作ったBASEショップ。

とにかく簡単にオープン出来ますが、配送料と決済手数料がなかなか手強かったです。

なので、比較してみた上でキーワードに強いプラットフォームを利用するのが良いです。

何を比較するのかはそれぞれかと思いますが、例えば手数料であったり、ユーザーインターフェースの雰囲気、ターゲット層を決めた上でのキーワード設定などです。

今回は、コロナ禍で焦ってBASEでオープンしてみましたが、クリーマhttps://www.creema.jp/)や Woo Commerceを利用して売るともっと競争率が低くなりやすそうな気がしました。

Woo Commerceの導入方法については、前回の記事があります。

 

BASEでの出店メリット

・出店費用がかからない

・商品の数次第では、1日でオープンできる

・商品登録が簡単でデコレーションも簡単、おしゃれなお店が作りやすい

・アプリがあるのでパソコンを持ち歩かなくても、お客さんとのやり取りが可能

 

デメリット

・決済手数料と配送料がそれなりにかかって高くつく

・お店が多くて検索されにくい

・アプリのパスワード入力が面倒くさい

 

Woo Commerce

前回の記事で紹介した通り、Themifyとセットで使うことでグローバルにオープンできます。

グローバル・・つまり価格の初期値がドルになっていて、商品の設定項目が多く、細かく記載できます!

商品登録もブログ記事を書くような手順で登録がて来てしかも何枚でも大丈夫です。

継続者の数はどうかわかりませんが、利用者数が多いのも納得です。

 

Woo Commerceを使うメリット

・出店費用がかからない

商品の写真が何枚でも載せられるので、エンドユーザーに良心的

拡大鏡があるので、高齢者に好印象を与える

・タグやキーワードが入れやすく、競争率が低い

 

デメリット

・ショップを自分で構築するための手間がかかる

・国内のみで販売する場合、ドルが初期値なので値段設定が難しい

・決済手数料と配送料がそれなりにかかる

 

商品の見え方の違いについて

 

Woo Commerceの方、写真の見え方に要注目です。 虫眼鏡をタップすると!!とっても大きく見えます!

 

スマホで見たときにかなり拡大してさも実物かのように見せることができます

 

 

まとめ

・BASEもWoo Commerceも導入は無料

・Woo Commerceは、拡大鏡があるので実物大を見られる

・どちらも海外発送に対応

・決済の導入が素人でも簡単

Liked Liked
1 Comment