ThemifyProLayoutsとTemplatesの違い

 

今日はThemify Layout と Template を作ってみました。

今まで使う機会がなかったのですが、そろそろ使ってみようと思います。

            

 

TemplatesとLayoutsの違い

Templates

TemplatesとLayoutの違いは、かなり複雑です。Templateに関しては、記事作成するのと似ていました。

まず Templates はPro Themeとセットで使うツールで、Pro Themeの一部であり、Pro Themeの為のテンプレートと言えます。

Themify Pro Templates

 

なぜなら新規テンプレートを追加しようとすると、Pro Themeを先にアクティベートしてくださいと出てくるのです。

Pro Templateの説明

初心者の方は、この警告を無視して強行突破しては行けません。

 

(*Themify Pro Themes に関しては、次回掘り下げていきます。)

Pro Themes 作成

 

   

自作テーマ
Themes Sample (自作テーマ)

 

 

 

 

 

 

 

理由は不明・・・ Layoutsの使い方は2種類ある

それに引き換えLayoutsは、Saved Layouts と Layout Parts の2種類あり、Saved Layouts は1ページごとにデザインができて、Themify製のレイアウトも読み込めて、多様な使い方が可能です。

最初に、保存レイアウトを作ってみましたが、Themifyのレイアウトをが編集できます。オリジナルのレイアウトに編集できて、名前をつけて保存しておくことが可能です。

これは、デベロッパー向けの為のサービスの様に思いました。

Themifyには、すでに素敵なレイアウトが沢山あるので、自分で作ろうという気にならないです。

ただ、海外のデザインなので、日本向きではないのかもしれません。オンラインショップを運営する際には重宝しそうです。

 

Saved Layouts

プロのWebデザイナーの為の万能レイアウト作成ツールと言えそうです。

保存レイアウトになるのは、実際には作成後であるから、混乱してしまいます。

 

Layout Parts

パーツという名前はあまり気にせずに使ってみるのがいい様に思いました。

素直に、WordPressの様なパーツにわけて作る理由は、マーケティング戦略がしっかり出来ている企業がチームで製作するためのものにしか思えません。

複数人のチームで制作するためのものでしょう。便利なのは、ショートコードが生成されるところです。⬇︎

 

テンプレートの使い方(Themify公式動画)

 

ECサイトの作成にもThemify Builder Addon

Themify をインストールする方は

Themify Install

英語のドキュメント(説明書)

Builder Pro Documentation

 

使い方、テンプレートの作り方に関しては実際に実践してみるのが一番かと思います。

長期的にサイト制作する場合には、オリジナルの方が運営もしやすいですから、念入りに作り込んでおいて、使い回せば、収益アップに役立つはずです!

 

メリット

オリジナルのテンプレートを作成し、サイトを量産できる

ECサイトなど大掛かりで長期的に運営できる

気に入ったデザインのWebサイトを大量生産できる

デメリット

すでにThemifyの立派なデザインのレイアウトが200種類あるので、特に必要がなく

作成するとパソコンが重くなる。

 

 

まとめ

Themifyのレイアウトをパーツ毎に分けてデザインしたい時に便利

長期的なサイト運営に便利。

専門色の強い、オリジナルのデザインにしたい時に便利

 

Liked Liked
1 Comment