AWSの始め方とLightsailで作るWordPressサイト

今日はAmazon Web Serviceにある便利なツールについてレポートして行きます。

参考になると幸いです。

アカウントを作成する

初めて使われる方はルートユーザーをオススメします

AWS
AWSルートユーザー

パスワードを入力し、アカウント設定をして早速使って行きます。

Amazon Lightsail

今回使ってみたのは、コンピューティングにある、Lightsail という項目です。

こちらをクリックしてみると、WordPress専用の“インスタンス” が作れます。

こちらを使えば、レンタルサーバーを借りずともWordPressのブログやサイトが作れます。

実際には作りませんでしたが、WordPressをまとめて管理するツールを見つけたので、

併せて見ていきたいと思います。

インスタンスを作成する

 

インスタンスとはつまり仮想空間かと思います。Virtual Box の役割を果たしている様です。

参照ページ:インスタンスとは

 

Go Daddy Pro Site

インスタンスの作成に関わらず、Lightsailを開くとオススメされるのが、Go Daddy Pro Site です。

こちらにサインアップすると、WordPressのブログやサイトを登録することができて、全部一緒にプラグインのアップデートが出来ます。

これはとっても便利かと思います。

一つ一つのサイトにログインする手間なく、全てのサイトのアップデートが管理できるというサービスです。

有料メニューにはもっと高度な機能もついています。

ちなみにManage WP というサービスもありますが、こちらも同じ役割の様です。

違いは、、日本語があるサービスがGo Daddy の様です。

・・・次回に続きます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

【補足】AWS 公式サイトの参考資料

Liked Liked
4 Comments