Harapeco Shymphony とは

WE ARE HERE

Welcome to our website.

サイト運営主はユキコと申します。

ご興味を持って頂き、ありがとうございます!

写真で紹介している猫ちゃんについて、

私が飼い主ではないのですが..、紹介させて頂きます。

出会い

2019年、10月中旬。

その当時、飼っていたインコ、2匹目を逃してしまい

貼り紙をして、近所をウロウロしていた時、

森の中で出会いました。

猫に「インコ見なかった?」と聞いていたのですが (・・;)

1ヶ月経っても2ヶ月経っても見つからず、

日が経っていきました。

それでも暇があったら、森へと探しに行っていました。

そんな中、ふとある日 足に怪我をしている猫と

口が不自由そうな猫がいることに気づいて、

とてつもなく心配になってしまいました。

猫は飼ったことがなく、家族も犬派なので、

うちで飼うことは認めてもらえず、

外に餌をやりに行き続けました。

あくびしているゆうちゃん

脚に怪我をしている猫には、全く近寄れず、

 警戒心がとても強かったで、その当時は

  あまり見ないようにしていました。

   しかし、口が不自由な子は人懐こくて、

    餌を持っていくとくっついてくるので、

     可愛くて、病院にも動画を撮って処方箋を出してもらい、

       気にかけていました。 

            詳しくはこちら

しかし、、冬の寒い中、いつしか姿を現さなくなり、

今尚、行方が分からないままです。

この森に住み着いたのは、かれこれ6−7年と聞いています。

駐車場もあるので、色んな人が好きな時に餌をあげているようで

ゆうちゃん(足に怪我がある猫)以外は元気があり、

健康そうです。

私の他にも、毎日当番の方が居て、猫たちは

餌をもらっています。

森での生活は、厳しいものと想像されますが、

猫なりにたくましく行きている姿は、

人間を励まします

餌が欲しくて寄ってくる猫もいますが、

本来とても警戒心の強い猫が、懐いてくれると嬉しいもので

会いに行っては勇気をもらっています。



See Our Movie